SHIINBLOG

飲食経営コンサルタントの呟き日記

和食洋食と修行後、居酒屋や創作料理店など計5店舗管理しその後独立。準備~開業~経営~展開まで、お役に立てれば幸いです!たまーに趣旨と違うこと書きます。笑

【珈琲のマメ知識】代表的なコーヒー豆の種類とその特徴について

f:id:wasyokuninn:20170323052920j:plain

コーヒーの3大原種

朝起きてコーヒー片手にホッと一息…そのコーヒーの種類知っていますか?

 

今では200種類以上もあるコーヒー豆ですが、実際は3大原種と呼ばれる3つの種類からできています。

まずは3大原種について知ろう!!

 

1)アラビカ種

アフリカのエチオピア高原原産であるアラビカ種は、楕円形の形をしており、味や香りが良好で有名です。また適度な酸味があり、世界で最も多く生産されています。

 

主な生産国は、ブラジルやコロンビアなどの南米、エチオピアケニアなどの中米、インドやフィリピンなどのアジアなどで作られており、コーヒー全体の70%を占める種類です。

 

2)ロブスター種

丸みを帯びた形をしている種類で、酸味が少なく、苦味とコクが特徴です。主な生産国はアフリカ、インド、インドネシア、フィリピンなどです。

 

コーヒー生産量全体の20%を占めている種類です。

 

3)リベリカ種

アフリカのリベリカ地域で発見された種類で、形はひし形のものです。味と香りが強く、また苦味も特徴で、少量しか生産されないのであまり出回りません。

 

主な生産国はリベリカ、コートジボワールスリナムなどで極少量生産されています。

 

コーヒーの焙煎度合と代表的な豆の種類

「コーヒー」はコーヒーの木の実の種子を加工して作られます。

 

その実を焙煎した後流通しますが、煎る度合により呼び名が変わります。

一般的に流通しているものは、

浅煎り(シナモンロースト)

中煎り(ミディアムロースト)

深煎り(フレンチロースト)

極深煎り(イタリアンロースト)

などの種類があります。

f:id:wasyokuninn:20170323053204j:plain

 

煎りが浅ければ浅いほど酸味が多く、深いほど苦味が強くなる為、自分の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

 

次に代表的な豆の種類についてまとめます。

コロンビア

コロンビア産で、程よい酸味があり、風味が良いのが特徴です。また苦味は弱いのも特徴。

ブラジル

南米産で、標準的な品質です。酸味が少なく、比較的特徴のない味のものです。

ジャワ

インドネシア産で、苦味が強いものです。酸味が少なく、カフェインの含有量が多いのが特徴です。

キリマンジャロ

タンザニア地方産で、酸味が強く苦味は程よい。高級品として取り扱われる豆で、甘酸っぱい上品な香りが特徴。

アラビアンモカ

アラビア産で、独特の風味と酸味が特徴の豆です。高級品で、香りよりも味に特徴があります。

ブルーマウンテン

ジャマイカ産で、芳醇な香りがありまた程よい酸味を併せ持つ豆です。比較的好む人が多い豆です。

グァテマラ

中米グァテマラ産で、渋みやコクがある豆です。他の豆と配合するときに使われることが多い。

マンダリン

スマトラ産で、世界でも優れた品種と言われています。独特な味と香りと同時に苦味にも特徴があります。

ハワイアンコナ

ハワイ産で、強い酸味と香りがある反面、コクがなく軽い豆です。

 

コーヒーは奥が深い…

f:id:wasyokuninn:20170323053221j:plain

コーヒー豆は上記にまとめた通り、一つ一つに特徴があります。豆の種類によって秀でている面や劣っている面があり、欠点を補い美味しいコーヒーにするために、豆を配合し、ブレンドします。

 

好みの味を求める場合は、豆の種類にこだわり配合の量を調節したりと、時間と労力を費やさなければなりません。

それだけ奥の深い飲み物だと言えるでしょう。 

px.a8.net

 

ご拝読ありがとうございました。

<関連記事>

wasyokuninn.hatenablog.com

wasyokuninn.hatenablog.com

 

 

好感度をアップさせる魔法の言葉〜クッション言葉を使いこなし好かれる人へ

f:id:wasyokuninn:20170308041207j:plain

クッション言葉とは

会話に柔らかい印象を与えてくれる言葉で、様々な種類があります。相手への心遣いを表す言葉であると同時に、話の内容を明確に伝えることができます。

 

クッション言葉を使いこなし、より好かれる人へとステップアップしましょう。

 

断り文句の初めに「せっかくですが」と言う

飲み会に行きたくないのに誘われてしまった…よし、断ろう…

 

そんな時に「予定がありますので」とキッパリ断るより、文頭に「せっかくですが…」とつけるだけで相手の印象は違ってきます。

 

キッパリと断るのと違い、柔らかい印象と心遣いが相手に伝わるので、ぜひ活用しましょう。

 

お願いしたい時は「よろしければ」をつけて頼む

上司に仕事を頼みたい…そんな時…

 

「〜してもらってもいいですか?」と頼むより「よろしければ〜してもらってもいいですか?」と最初に「よろしければ」を付け伝えるだけではるかに印象は良くなります。

 

相手に頼み事がある時は、つけるといい言葉です。

 

また似たクッション言葉に「お手数ですが」「ご面倒ですが」「差し支えなければ」「恐れ入りますが」などがあります。状況に応じて使いこなしましょう。

 

「失礼ですが」で相手の警戒心を解く

相手に聞きづらい事を聞かなければいけない時などに、「失礼ですが…」をつける事によって聞きやすくなります。

 

例えば初対面の相手の名前を聞かないといけない時、「お名前お聞きしても?」と聞くより「失礼ですが、お名前頂戴できますか?」と言う方が、相手への思いやりが伝わり良い印象を与えます。

 

へりくだった言い方の方が、相手の情報も得やすい為、活用するべきクッション言葉です。明らかに目上の相手には「大変恐縮ですが」と、よりへりくだった言い方が望ましい。

 

「あいにく」「残念ですが」で嫌われづらくする

電話対応時「〇〇は席を外しております」より「あいにく〇〇は席を外しております」

 

仕事中「〇〇は品切れです」より「残念ですが〇〇は品切れです」

 

といったように、言葉の初めにつける事によって、柔らかい印象を与え同時に、相手に嫌われづらくなります。

 

相手に迷惑をかけてしまう場合は「申し訳ありませんが」で対応すると良いでしょう。

 

「お忙しいにもかかわらず」でより良い印象を

相手に感謝の意を伝える時や、相手に反省の意を伝える時に役に立つクッション言葉です。

 

接待などで相手が時間を割いてくれた時に、「このような機会をもうけていただき…」より「お忙しいにも関わらず、このような機会を…」と伝える方が相手を思いやる気持ちが伝わります。

 

また「お忙しいにも関わらず、お手数おかけし申し訳ありません」など、相手に頭を下げる時にも付けると良い言葉です。

 

まとめ

このようにクッション言葉をつけることによって、思いやる気持ちが相手に伝わり、非常に好感が持てます。

 

クッション言葉を使いこなすことで、相手の好感度をアップさせ、より好かれる人を目指してください。

 

ご拝読ありがとうございました。

記事が気に入ればシェアお願いします。

 

<関連記事>

wasyokuninn.hatenablog.com

wasyokuninn.hatenablog.com

これさえ言えれば大丈夫!飲食店の接客8大用語と言葉の使い方

飲食店接客用語について

料理に満足していただき又お店の雰囲気を気に入って頂いたのに、間違った言葉遣い一つでお客様が離れてしまう…

そんな事にはならないように、飲食店で使う基本的な敬語についてまとめます。

飲食8大用語とは…

飲食店で使う基本的な敬語が8つあります。飲食勤務が初めての方は、とりあえずこれを覚えておけば大丈夫!

きちんと場面に応じて使えるようにしておきましょう。

1「いらっしゃいませ」

お客様が来店してくださった時、やる気のない声かけはNGです。

きっちりとお客様の目を見て、感謝の意を伝えましょう。

2「少々お待ちください」

「少しお待ちください」とよく耳にしますが、それは間違いです。きっちりと使いこなしましょう。

3「かしこまりました」

「わかりました」は使ってはいけません。きちんと接客用語を使えるように心がけましょう。

4「お待たせ致しました」

料理の提供遅れ、電話対応遅れなどの時には必ず使わなければいけない用語です。また遅れが過ぎる場合は「大変お待たせしました」など、言葉を足して反省の意を込め使いましょう。

5「失礼いたします」

料理提供時や料理提供後に使う言葉です。「失礼します」とよく耳にしますが、「失礼いたします」と言ったほうが相手に好印象を与えます。

6「申し訳ございません」

ありとあらゆる場面で使われる「すいません」などの言葉は、極力使わないようにしましょう。きちんと誠意を込めて「申し訳ございません」と言えるようにしましょう。

7「恐れ入ります」

お客様に頼み事をするときなどに使います。俗に言うクッション言葉と言われる言葉で、相手に好感度を与える為、使えるようにしましょう。

8「ありがとうございます」

感謝の意を伝える言葉です。「ありがとう」と言われ嫌な気分になる人はまず居ません。心から「ありがとうございました」と笑顔で言うことが大切。お客様あっての飲食店ですので、心から言えるようにしましょう。

正しい敬語の使い方

お客様に合わせて8大用語を駆使し、サービストークを行うようにしなければなりません。仲良くなったお客様の中には、敬語を嫌がるお客様もいます。

ご高齢の方や子連れのお客様などには、わかりやすくゆっくりとお話するなど、状況に応じて言葉の速さや丁寧さを調節する必要もあります。

どの接客が正しいという答えはありませんが、自身がサービスする側だという認識と、お客様に喜んでいただきたいという気持ちで接客に臨む姿勢を大事にしましょう。

自分の言葉の癖を直す

接客中に「えー」や「あー」などといった言葉のつなぎに無意識に使ってしまう自分の癖がある場合、聞き取りづらく煩わしいので直すよう心がけましょう。

また「あの」や「すごく」などの副詞を連発するのも避けた方が良いです。

言葉の癖はお客様が聞きにくくなってしまう為、極力直すようにしましょう。

終わりに…

飲食店で必要な接客8大用語をきちんと使いこなすことで、お客様は不快なく過ごしてくれます。何よりもお客様に合わせた言葉づかいをすることが大事です。

会話に必要のない言葉は使う必要ありません。自分の言葉の癖を直し、より良い接客を目指してください。


ご拝読ありがとうございました。
<関連記事>
wasyokuninn.hatenablog.com

wasyokuninn.hatenablog.com