SHIINBLOG

飲食経営コンサルタントの呟き日記

和食洋食と修行後、居酒屋や創作料理店など計5店舗管理しその後独立。準備~開業~経営~展開まで、お役に立てれば幸いです!たまーに趣旨と違うこと書きます。笑

今更聞けない…飲食店でよく聞く『FLコスト』って何?

FLコストって?

f:id:wasyokuninn:20170226044800j:plain

飲食店で働くにあたってよく耳にする『FL』。

F=FOOD フード

L=LABOR レイバー

の略で、Fが原材料費(原価)Lが人件費のことを指します。

 

飲食店で切っても切り離せない費用をまとめて『FLコスト』という言い方をし、店の数字管理をする際に重要なものになります。

 

 

一般的な飲食店のFLについて

FLコストの目安についてですが、原価人件費が総売上の60%未満が基本です。60%を超えてしまうと、飲食店経営が難しくなると言われています。

 

FLコストを下げれば下げるだけ売り上げに対する利益額は増えてきますが、原価を安く抑えるということは、それだけ食材の質が下がり、人件費を抑えてしまえばそれだけサービスの質が下がるということです。

 

FLを操り他店と差別化をはかる

代表的な例でいえば券売機を置いている飲食店。券売機をおくことによって人件費を削減し、その浮いたコストを原価に使い料理の質を上げる。

逆にバーなどの業態であれば原価より人件費の方がはるかに高い。接客でお客様をつける方法で営業する為。

 

高級レストランなどではサービスの質が要求される為、一般的な料理屋より人件費は高く設定されているなど。

お店の業態によってFLコストの割合は全く違い、差別化をはかることによって業態を確立させています。

 

FLコストはうまく下げると利益が膨らむ

無理に下げてしまうと料理やサービスの質が下がり、客離れに繋がっていきますが、質を下げずにFLコストを落とせば利益は増えていきます。

 

普段使っている卸業者に食材の値下げをしてもらったり、同じものを安く仕入れるルートを創ったりすれば原価は下がりますが、お客様の満足度は変わりません。

人件費に関しても例えばアルバイト二人でしている作業を、きちんと仕事を覚えたアルバイト一人に任せてしまえば、給与を少し上げてもトータルでプラスが出てきますよね。

 

お客様の満足度を下げずにFLを下げる方法は様々ですが、うまくコストを下げることによって費用が抑えられ利益が増えていきます。

切っても切り離せないFLですが、自分のお店にあったやり方で一工夫するだけで、より良い経営へと変わっていくことでしょう。

 

<関連記事>

wasyokuninn.hatenablog.com

wasyokuninn.hatenablog.com

wasyokuninn.hatenablog.com