SHIINBLOG

飲食経営コンサルタントの呟き日記

和食洋食と修行後、居酒屋や創作料理店など計5店舗管理しその後独立。準備~開業~経営~展開まで、お役に立てれば幸いです!たまーに趣旨と違うこと書きます。笑

インバウンド対応で売り上げアップを目指す

はじめにインバウンドとは

インバウンドとは訪日外国人のことで、主に外国人旅行客の事を指します。

日本に旅行しに訪れる外国人は近年増加の一歩をたどっており、2012年836万人であったのが、2017年には2800万人を超えています。

日本の政府は2020年に4000万人、2030年には6000万人という目標を掲げ、日々様々な政策を検討しており今後も伸びてくる模様。

今後伸びてくるインバウンドを有効に活用し、売り上げアップをはかりましょう。

f:id:wasyokuninn:20180516032850j:plain
 

訪日前に期待していること

まず訪日前に何に期待してくるのか?観光庁がアンケートをとったところ…

旅館に宿泊…16.3%

日本酒を飲む...22.0%

温泉が楽しみ...25.5%

繁華街の街歩き...40.6%

自然・景観観光...45.7%

お買い物...53.8%

日本食を食べる...67.7%

という結果に。一番需要があったのが日本の食べ物を食べることとアンケート結果にも出ています。

このアンケートのように日本の外食産業はインバウンドの需要が高く、有効活用できれば売り上げアップが期待できるというわけです。

f:id:wasyokuninn:20180516032858j:plain

国別訪日旅客について

ではどの国が旅客として多いのか。1位が中国で735万人と全体の4分の1を占め、ついで2位が韓国で714万人、3位台湾456万人と4位香港223万人。

上位4つで全体の約4分の3を占めており、残りは100万人以下でおよそ20各国が占めております。

日本と近い中国や韓国などのアジア系が多く、今後も伸びてくるであろう市場です。

大事なのは集客と接客

インバウンド対応に重要なことは主に2つ。見出しの通り集客方法と接客に関してです。どのようにしてインバウンドを集客するのか?言葉の壁を乗り越えてどうやって接客していくのか?ここが重要項目となってきます。

集客方法については、外国発信の情報誌や媒体に掲載することが一般的で、費用はかかりますがその分効果は期待できます。またSNS等で発信し集客する方法などもあり、その方法は多種多様。

第一に外国人に選ばれるお店として情報を発信していかなければなりません。

 

接客に関してまず重要なことは、外国人が来店しやすいお店であることが大前提です。お店に外国語を話せる従業員をおいておければベストですが、なかなか難しいのが現状。

媒体によっては外国人メニューを作ってくれたり、自動変換で多国語に変換できるフォーマットを扱っていたりするので、外国人用のメニューを作成するなど、受け入れる体制を整えることが大事です。

店頭に〝外国語メニューブックおいてます〟等記載しているだけで、来店しやすさがぐっと変わったりとやり方は様々。アプローチをかけ来店してもらいやすいお店にしていくと必然と外国のお客様は増えてくるはずです。

地方の飲食店にも注目

インバウンドを活用し売り上げアップをはかるには、主に都心や観光地などが強く地方は弱いイメージです。

しかしながら今後インバウンド市場は伸びてくる一方で、政府もおよそ6割のリピーター維持を掲げているため、お土産などの爆買いから次第に日常的なものが好まれるようになっていきます。

そうなると都心の有名な百貨店や有名ホテルだけでなく、地方の民宿や農泊などのニーズも増えてきて、地方に足を運ぶ旅行者が今後増えてきます。

 

今後訪日旅客のリピーターが増えてくることにより、地方の飲食店にも足を運ぶ機会が増えてくるので、インバウンド戦略に重きを置いてみるのも一つの手かもしれません。

 

終わりに

訪日旅客相手にサービスすることは、文化の違いや言葉の壁から、面倒になることも多いです。

しかしながらインバウンド対応を放棄するということは、非常に大きなマーケットを自ら手放すことになり非常にもったいないと思います。

今後も伸び続ける市場を有効に活用し、自分自身の知識や経験を高める足がかりや自店舗の売り上げアップを目指していきましょう。

<関連記事>

wasyokuninn.hatenablog.com

wasyokuninn.hatenablog.com