SHIINBLOG

飲食経営コンサルタントの呟き日記

和食洋食と修行後、居酒屋や創作料理店など計5店舗管理しその後独立。準備~開業~経営~展開まで、お役に立てれば幸いです!たまーに趣旨と違うこと書きます。笑

【飲食店開業】居抜き物件で初期費用を抑えるための4つのポイントとは

まず居抜き物件とは

居抜き物件は、現在営業が行なわれている内装のまま売却されている店舗のことです。居抜き店舗として売却されれば、オーナーの利益になり、また買い手側は内装工事や厨房機器を買わなくて良いので、経費削減になります。

 

居抜き物件で初期費用を抑えよう

自分で計画している飲食店について、考えを煮詰めていきます。どんな条件であれば居抜き物件を利用できるのか?を明確にしておき、物件を検討しましょう。

 

自分の理想のお店に近い居抜き店舗があれば、確実に居抜きで契約した方が得です。

 

居抜き物件を契約する前に…

初めての開業なら居抜き物件を契約する前に、1度専門家に見てもらうようにしましょう。キッチンの動線や、厨房機器など高額なお金をかけてまで契約する必要はありません。

 

専門家でなくとも、第3者から見て意見が違うこともあるので、飲食店経験者などに同行してもらうと助かります。

 

居抜きで見る4つのポイントとは

居抜き物件を活用する時に見なければならないポイントが4つあります。まず飲食店を始めるのであれば、飲食店の居抜きでなければなりません。スナックやバーなどの軽飲食の居抜きであれば、それは検討するに値しないので注意しましょう。

 

以上を踏まえて飲食店の居抜きで見るポイントを記載します。

 

1)キッチン区画はそのまま使えるか?

キッチン区画をそのまま使えることが、居抜き物件活用のポイントです。物件を見て回る際、飲食の居抜きでもグリストが設計されていない場合もあります。(違法です)

 

現状のまま十分に活用できるかしっかりと検討しましょう。

 

またキッチンの大きさは十分なのかも見ていきます。少しでも大きさを変えたければ、工事をやり直さなければならないので、注意しましょう。

 

2)機材に不具合はないか?

業務用冷蔵庫や業務用エアコンなどの機材が、十分に活用できるか、不具合がないかを事前にチェックしてください。使えないものを買い取る必要はありません。

 

また店を閉めてしまっている居抜き物件であれば、電気が通っていないので、動くかどうかは電気をつないでからになってしまいます。

 

その場合は機材の製造年月日を見て、メーカーの保証期間内であるかを確認しましょう。保証期間でなければ高く買い取るべきではありません。

 

3)設計図はあるか?

店舗の設計図が揃っているかを確認しておきましょう。電気・水道・ガスなどの配管がどうなっているのかは見ただけではわかりません。

邪魔な壁を抜いたり、床を低くしたい時に配菅があれば最悪です。事前に確認しておきましょう。

 

4)どれだけ削減できるのか?

居抜き物件を活用することで、通常かかる費用を極端に抑えることができます。自分で工事費を削減したい目標を立て、目標値以内に抑えることが大事です。

 

買取金額も含め工事費用をよく検討し、1から店舗を造るより安く抑えなければ、居抜き物件を活用する必要はありません。十分に検討しましょう。

 

居抜きの方が退去も楽

居抜き物件で店舗を購入した場合は、退去時ほとんどの場合そのまま退去できますが、スケルトン(箱だけの状態)の物件ですと、内装から作ってもまた元に戻してから退去しないといけないことが多いです。

 

まとめ

上記4つのポイントを踏まえ、居抜き物件を有効に活用してください。初期費用を削減し、健全なお店の経営を行うと後々楽になります。

 

ご拝読ありがとうございました。

記事が気に入ればシェアお願いします。

 

<関連記事>

 

wasyokuninn.hatenablog.com

wasyokuninn.hatenablog.com

 

広告を非表示にする