SHIINBLOG

飲食経営コンサルタントの呟き日記

和食洋食と修行後、居酒屋や創作料理店など計5店舗管理しその後独立。準備~開業~経営~展開まで、お役に立てれば幸いです!たまーに趣旨と違うこと書きます。笑

年収500万以上!!飲食店管理職向け求人サイトはこれだ!!

飲食ハイレベル求人専門!

一般的な求人サイトではなく、管理職経験者専門の特化型サイトはご存知でしょうか?飲食専門の求人サイトは数多く存在しますが、管理職特化型のものはほとんどありません。

すでに現状管理職で勤務している方。普通の求人サイトで転職すると、1からのスタートで積み上げてきた自分の技量を棒に振ることもしばしば...

転職を考えているならぜひ一読ください。

H Agent(エイチ エージェント)

管理職特化型の転職サービスである“H Agent”。

派遣や転職を専門とし、年収500万円以上可能な求人を主に扱っている専門サービスです。

いままでにない転職サービスで、

・外食産業・ホールスタッフ・調理スタッフ・店長候補・料理人または料理長候補・SV・商品開発等。

上記以外にも豊富な職種に対応し、現状の職場の役職よりキャリアアップ、年収アップを実現しているサービスであります!!

年収500万円も!ハイレベル飲食系求人専門の【H Agent】

ここがすごいぞ!H Agent その1

週休二日は当然!

1部上場の大企業を中心に、ホワイトな求人を数多くあつかっております。また先ほども記載したとおり、年収が高くキャリアアップや年収アップを実現してきているサービスです。

ハイレベル専門の実績を築いてた“H Agent”だからこそ紹介できる案件が揃っています!!

ここがすごいぞ!H Agent その2

確実な給料UP保証!

今の職場の給料に不満が...ご安心ください。

“H Agent”は現状の給料アップを保証してくれます!ご自身で就活するよりも平均で年収100万円以上UPの実績があるのが強みです。

職場とスキルがマッチすれば、大幅な給料アップも期待できる!

 

ここがすごいぞ!H Agent その3

豊富な非公開求人ここにあり。

多くの実績があり、業界の信頼がアツい“H Agent”は非公開求人も数多くあつまってきています。

その数なんと...毎月800件以上!!

他社サービスと比べ物にならないほどの非公開求人があり、希望に合う求人を扱っていること間違いなしです。

選りすぐりの優良求人で働きやすい職場を見つけましょう!

 

ここがすごいぞ!H Agent その4

 書類選考通過率94%!

 実績、信頼があるからこそ、書類選考で殆ど却下されることなく面接に結びつけています。普通の書類選考では考えられない数字が、“H Agent”では実現!

選考の厳しい大手の企業でも“H Agent”サービスを利用しているだけで通りやすくなり、

また企業の提案、マッチングまで即日で対応してくれる為、非常にスピーディーかつストレスなく面接まで事を運ぶことができます。

早ければ今月中に入社なんてこともザラです。

ここがすごいぞ!H Agent その5

内定お祝いで最大3万円!

面談後内定をもらうと最大で3万円のお祝い金をもらえる“H Agent”。

他社サービスでは還元がないところも多いですが、「おめでとう!」と金額のバックがあるので非常に嬉しい特典であります。

3万円か...と思う方もおられるかもしれませんが、内定だけではありません。

(その6に続く)

 

ここがすごいぞ!H Agent その6

入社後6ヶ月間祝い金プレゼント!

入社後6ヶ月間にわたり、祝い金がもらえます。

その額なんと最大30万円!!

“H Agent”経由で就職し勤務継続された方全員にプレゼントというボーナスがあるのも嬉しい特典ですね。

 

ここがすごいぞ!H Agent その7

アナタに専属エージェントがつく!

ハイレベル飲食求人サービス専門の専属コンサルタントが、アナタの就職までをフルサポートしてくれます。

ご自身の理想を現実にし、よりよい給料や待遇を勝ち取る為全力でサポートしてくれること間違いなしです。

書類の添削から面接対応、交渉にいたってまで専属で対応してくれるので、自分で就職するより遥かに待遇よく就職できることでしょう。

 

ここがすごいぞ!H Agent その8

特別面談による優先選考!

選考が非常に難しいと言われている企業でも、“H Agent”なら優先して面談をおこなってくれます。

これは実績、信頼がアツいからこそ可能であり、依頼が多く業界から注目されている証拠であります。

今よりもいい職場を、今よりもいい条件で勝ち取り、その後の人生を楽しく過ごす条件が“H Agent”で満たされることでしょう。

 

〈H Agentはこちら〉

【客単価UP】追加注文をいただく極意をお教えしよう。

飲食店で売上をあげるという事は?

飲食店の売上をあげる方法として主に2つあります。それは客数を増やすor客単価をあげる事。来店していただいたお客様に追加で注文をいただければそれだけで客単価は上がる事になり、お店の売上に直結していきます。

 

今回は客単価の上げ方について記事をまとめていきたいと思います。

 

f:id:wasyokuninn:20181112205851p:plain

客単価の上げ方は様々

ひとえに客単価をあげると言ってもやり方は様々です。ラーメンのトッピングなどの販売している商品に付加価値をつける事であげる方法や、メニューの質を上げつつ料金も上げる方法。一定の金額以上飲食するとサービスを行うなどのやり方も。

 

お客様の満足度を下げずに客単価を上げるてっとり早い方法として、お客様に追加で注文をいただくという従業員が行う提供トークというものがあります。

 

追加注文をいただく極意

従業員の提供トークで客単価を操れると言っても過言ではありません。お客様にお店のオススメである商品を、アルバイトなどに一声かけさせるだけで売り上げは変わってきます。

例えばドリンクを注文するお客様に、普通に「お伺いします」と聞くのではなく「期間限定で!」や「私のオススメは…」など、一声添えるだけで注文を促す事は可能です。促した商品が、頼む予定であった商品より高い場合はその時点で、客単価が上がったことになります。

 

また食事の後に「季節のデザートはいかがですか?」と、追加注文を促すトークがあれば尚よし。お客様の立場になって考え、頼みたくなるような提供トークを、マニュアル化し、実行していけば必然と売り上げに変化があらわれることでしょう。

 

言うだけ、一言添えるだけにお金は一切かからないので、毎日実践していけば結果は自ずとついてくるものです。お客様との会話の機会が増えることで、リピーターのつき易さも違ってくるので、実施するべきです。

 

追加注文をメニューに組み込む方法

 もともとはアメリカで発案された手法で、クロスセルという手法があります。 これは同じ系統の商品を一緒に購入していただく手法で、ハンバーガーショップでのポテトなどのセット売りや、喫茶店などのコーヒーとケーキのセット売りなど。

f:id:wasyokuninn:20181112205924j:plain

注文する気がなくても、セットにすることで得する(安くなる)!と、

お客様の購買意欲を高め追加を促す方法で、メニューに記載があるだけで必然と売り上げを上げることにつながります。

 

“クロスセル”を行う商品の見極めは、すでに来店したお客様が一緒に注文しているモノをセットにする事で、飲食店で多様されるABC分析を行っていれば非常にわかりやすいです。

↓↓ABC分析についての記事はこちら↓↓

wasyokuninn.hatenablog.com

 関連商品などで付加価値をつけ一緒に購買を促すことで、追加注文を頂き売り上げアップをはかっていきましょう。

 

まとめ

客単価をあげる方法について大まかに記述しましたが、すべてではないので、自分のお店にあったやり方を工夫していきましょう。

追加注文をいただき客単が上がるだけでなく、お客様の満足度もあがることに繋がるよう、毎日を大切に営業していくことが大切です。

 

飲食店〝見込み客〟を来店につなげる5つの方法

見込み客って?

【見込み客】とは、すでに自店舗を知ってくれているが、来店はまだした事がないお客様の事を言います。

f:id:wasyokuninn:20180614030616j:plain

来店してくれようと思ってくれていればいいですが、全員がそうではありません。認知はしていても、足を運んでみようとは思ってくれていないのが大半であります。

 

【見込み客】を来店につなげるプロモーションを行い、来店してもらう事が売上アップにも繋がっていきます。その方法について記載していきます。

 

1)チラシをまく

飲食店の集客でメジャーな方法でチラシ(ビラ)が代表的です。チラシに来店意欲を高めるような打ち出しをしてチラシをまくと、見込み客に効果的です。

 

やり方は様々で店前でポケットテッシュなどに明記して渡す方法などもありますが、今はそれだけでは難しいと言われています。単純にチラシをまくのではなく、新しいアイデアを組み込んで見込み客にアプローチをかけるよう心掛ける事が大切です。

 

wasyokuninn.hatenablog.com

 

2)グルメサイトを利用

情報社会である現在、インターネットを利用した集客が基本となってきています。今やほとんどの人がスマホを持って、いつ何時でも片手で情報が検索できる時代です。

 

大手グルメサイトに「食べろぐ」や「ぐるなび」などがあり、飲食店を経営するのであればどれか一つは必ず登録しておくべきもの。来店してみたいという意欲を掻立てるようなページを作り上げておき、見込み客を集客できるようにしていきましょう。

 

wasyokuninn.hatenablog.com

 

3)店内イベントを行う

大手チェーン店などがよく行う手法ですが、新メニューや季節のメニュー、行事ごとなどでイベントを企画する方法です。

〝〇〇日〜〇〇イベント〟という風に店頭の看板などに記載したり、チラシや広告と合わせて集客したりなどで来店意欲を高める事ができ、非常に有用な手段と言えます。

 

見込み客だけでなく一度来店してくれたお客様の再来店促進を促せる事もできますが、第一にイベントを成功させなければなりません。

お客様のニーズに合わせたイベントを企画し、きちんと周知してもらい成功へと導くようにしていきましょう。

 

4)フリーペーパーに掲載

コンビニなどで置かれている無料の雑誌や、家庭に直接配られる新聞などをフリーペーパーと言います。このフリーペーパーですが、情報社会の現在は日に日に減少傾向であり、集客が難しくなってきています。

 

フリーペーパーで未だに需要があるのは〝クーポンペーパー〟と呼ばれる、クーポン付きのフリーペーパーで、期間を決めて配布されるものになります。

クーポンを打っている為見込み客が来店してくれやすいですが、気をつけなければいけないのが、安売りできたお客様は安売りでしか来店しない事。

 

見込み客をリピーターにできれば…と考えるのであれば、それ相応のやり方を考えなければなりません。

 

5)SNSを活用する

SNSソーシャル・ネットワーキング・サービス)ですが、種類によって効果は様々です。ツイッターは短期的に広範囲に発信する事ができ、フェイスブックはページを作っておけば閲覧してもらいお店をよく知ってもらう事ができます。

 

SNSを有効に活用する事ができれば、費用対効果は抜群なので非常に良い集客ツールとなります。見込み客にアプローチをかける手段として、あるいはリピートを固定客化させる手段としても幅広く利用できる為、活用するべき手法になります。

 

wasyokuninn.hatenablog.com