SHIINBLOG

飲食経営コンサルタントの呟き日記

和食洋食と修行後、居酒屋や創作料理店など計5店舗管理しその後独立。準備~開業~経営~展開まで、お役に立てれば幸いです!たまーに趣旨と違うこと書きます。笑

飲食店〝見込み客〟を来店につなげる5つの方法

見込み客って?

【見込み客】とは、すでに自店舗を知ってくれているが、来店はまだした事がないお客様の事を言います。

f:id:wasyokuninn:20180614030616j:plain

来店してくれようと思ってくれていればいいですが、全員がそうではありません。認知はしていても、足を運んでみようとは思ってくれていないのが大半であります。

 

【見込み客】を来店につなげるプロモーションを行い、来店してもらう事が売上アップにも繋がっていきます。その方法について記載していきます。

 

1)チラシをまく

飲食店の集客でメジャーな方法でチラシ(ビラ)が代表的です。チラシに来店意欲を高めるような打ち出しをしてチラシをまくと、見込み客に効果的です。

 

やり方は様々で店前でポケットテッシュなどに明記して渡す方法などもありますが、今はそれだけでは難しいと言われています。単純にチラシをまくのではなく、新しいアイデアを組み込んで見込み客にアプローチをかけるよう心掛ける事が大切です。

 

wasyokuninn.hatenablog.com

 

2)グルメサイトを利用

情報社会である現在、インターネットを利用した集客が基本となってきています。今やほとんどの人がスマホを持って、いつ何時でも片手で情報が検索できる時代です。

 

大手グルメサイトに「食べろぐ」や「ぐるなび」などがあり、飲食店を経営するのであればどれか一つは必ず登録しておくべきもの。来店してみたいという意欲を掻立てるようなページを作り上げておき、見込み客を集客できるようにしていきましょう。

 

wasyokuninn.hatenablog.com

 

3)店内イベントを行う

大手チェーン店などがよく行う手法ですが、新メニューや季節のメニュー、行事ごとなどでイベントを企画する方法です。

〝〇〇日〜〇〇イベント〟という風に店頭の看板などに記載したり、チラシや広告と合わせて集客したりなどで来店意欲を高める事ができ、非常に有用な手段と言えます。

 

見込み客だけでなく一度来店してくれたお客様の再来店促進を促せる事もできますが、第一にイベントを成功させなければなりません。

お客様のニーズに合わせたイベントを企画し、きちんと周知してもらい成功へと導くようにしていきましょう。

 

4)フリーペーパーに掲載

コンビニなどで置かれている無料の雑誌や、家庭に直接配られる新聞などをフリーペーパーと言います。このフリーペーパーですが、情報社会の現在は日に日に減少傾向であり、集客が難しくなってきています。

 

フリーペーパーで未だに需要があるのは〝クーポンペーパー〟と呼ばれる、クーポン付きのフリーペーパーで、期間を決めて配布されるものになります。

クーポンを打っている為見込み客が来店してくれやすいですが、気をつけなければいけないのが、安売りできたお客様は安売りでしか来店しない事。

 

見込み客をリピーターにできれば…と考えるのであれば、それ相応のやり方を考えなければなりません。

 

5)SNSを活用する

SNSソーシャル・ネットワーキング・サービス)ですが、種類によって効果は様々です。ツイッターは短期的に広範囲に発信する事ができ、フェイスブックはページを作っておけば閲覧してもらいお店をよく知ってもらう事ができます。

 

SNSを有効に活用する事ができれば、費用対効果は抜群なので非常に良い集客ツールとなります。見込み客にアプローチをかける手段として、あるいはリピートを固定客化させる手段としても幅広く利用できる為、活用するべき手法になります。

 

wasyokuninn.hatenablog.com

 

 

売り上げが落ちてきた時に見直すべき3つの事とは?

  • 売り上げが落ちる主な原因について
  • 1)経済&トレンドを把握しよう
  • 2)競合店を調査しよう
  • 3)コンセプトを見直そう
  • 素早く迅速に対応しよう
  • 終わりに

売り上げが落ちる主な原因について

飲食店を経営するにあたって、必ずしも尻上がりに売り上げが伸び続ける事はありません。飲食店経営は非常に波があり、順調に伸び続ける時期とそうでない時期があります。

順調に伸びてきている時期では、大きく頭を抱える事は少ないはず。しかしながら壁にぶつかった時にどう対処するかが重要になってきます。

 

ではなぜ売り上げが低迷または落ちてくるのか?それは経済状況やトレンドの変化、近隣店舗の競合店などが大きな要因となってくるでしょう。

続きを読む

料理人の為の転職サイト『調理師WORK』の魅力に迫る!!

今の会社をやめたい…

いざ入社!!しかし思っていた職場と全然違う…

飲食店は入社してから気づくことも多く、自分に合わない、技術を学び切ったなど、転職することが多い非常に業態です。

 

料理をきちんとやりたいのに、入社してみたら全然違うところなども多く、昔気質の料理人に罵声を浴びせられることもしばしば見受けられます。

 

続けられない、やめたい。そう考えているならいっそ転職してみてはいかがでしょうか。

 

料理人の求人には何があるの?

料理人として転職しようにも、何を見て探せばいいかわからない人も多いです。

求人誌やハローワークなどの公的サービスなどを思い浮かべる方もいますが、求人があっても社風や会社のやり方までは入社してみないとわかりません。

 

そんな料理人たちの要望に答えて、料理人専門の求人サイトが近年増えてきています。

 

転職にオススメの『調理師WORK』って?

『調理師WORK』という料理人専門の求人サイトはご存知でしょうか?

料理人の転職専門で運営しているサイトですが、非公開求人と呼ばれる一般には出回らない求人も多数抱えています。

 

また転職をする為の支援ではなく 転職後のワークライフの成功を目的としています。 その為事前に提示された条件と実情に食い違いがないか専任コンサルタントがしっかり確認。 不安なくお仕事をできるよう全力でサポートしてくれるサイトになります。

 

『調理師WORK』の魅力!!

専任コンサルタントが自分の条件にあった職場を紹介してくれます。条件にあった職場を実際に見学し自分の目で確かめることができるのが他にはない魅力です。

 

入社する前に職場の雰囲気を確かめることができる為、自分にあった職場を見つけやすく、入社してから後悔する…なんてこともありません。

また転職してからのサポートもアツいので、料理人として生涯を過ごすなら登録していても損はないでしょう。

 

今の職場に満足していないなら、一度相談してみましょう。

⇩簡単無料登録はこちら⇩ 

非公開求人多数!ブランクがあっても安心の転職支援なら調理師WORK